新宿でシリコンバッグを使ったバストアップ手術について

理想のバストサイズになって大喜び

周りの女の子は胸が大きくなっていくのに | 理想のバストサイズになって大喜び

初めての美容整形外科クリニックだったので、緊張しましたが、エステと言うよりも婦人科病院のような内装だったので、逆に緊張が解れました。
カウンセリング前に、アンケートを書かされ、それに沿ってカウンセリングをしました。
バストアップ手術の方法を説明して、自分が決めていたシリコンバックを使ったバストアップ手術の疑問をなんでもじっくり答えてくれたので、手術に対する不安が無くなって手術を受ける決心をしました。
手術日は、2週間後に決まり、手術日が近づくにつれて、緊張がどんどん高まっていき、手術前日はほとんど眠れませんでした。
手術当日に、先生からもう一度説明を受けた後に、裸に手術着を着て、ペンを使って手術する部分にマーキングされ、全身麻酔をかけられました。
麻酔が効いてきて意識が薄れていく中で、先生から手術を始めますと言う言葉を掛けられた後の事は記憶になく、目が覚めると手術が終わっていて病室に移されてました。
手術後は、胸にかなりの激痛が走っていて、痛みと腫れがひくまで1月近く掛かりました。
腫れが引くと自分の胸が、グラビアアイドルのように大きな理想のバストサイズになって大喜びしました。
その後の経過も良好で、手術から2年以上経ちますが何の問題も起きてません。